上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上値・・・

6/11~6/15の損益-11,000円
週始めはNZ当局が介入したことにより押し目買いには絶好のチャンスとなっていました。
しかし、スイングが楽しく少し遊んでしまいました。
多少の利益は出たのですが、このスイングならヘッジでトレードするのもありかなと考えたあと、NZ5月食品価格の発表で対応にミスして大ダメージその後も買いが進み見事に玉砕・・・o( ̄ー ̄;)ゞううむ
売りポジはことごとく弾かれる相場でした。
週明けの朝一売りポジしておき、その後の押し目から週末までずっと買いポジ保有が正しい選択だったわけです。
昨日は日銀金融会合月報で利上げをしないという発表と日銀福井総裁が「市場が青信号だからといって政策変更行うわけではない」としたうえ、「円安が即、リスク要因というほど単純ではない」との発言に反応し円売りが加速。
その後「円売りは材料も伴っており、ドル円はかなり伸びるかもしれない。その意味では今日の高値が当面のレンジ上限になる可能性も考えておきたい。」との見通しがあったUSDJPYは、米5月消費者物価指数が予想より弱かったこともあり123.50円付近にあるストップ売りに当たってほとんど値動きしませんでした。
「NY時間は、ユーロ全面高。米5月消費者物価指数(CPI)が落ち着いた結果を示すと米債利回りが低下しユーロの強含みに寄与した。追い討ちをかけるように米5月鉱工業生産と米6月ミシガン大学消費者信頼感指数・速報値が予想を下回ると、ユーロ高が加速。対ドルでは引け寸前で上値を切り上げた。」
( ̄▽ ̄;)!!ガーン
ユーロ買っとけば良かった・・・
今週は重要指標の発表が多い気がしました。
ユーロが強いことは変わりないとしてNZDJPYがどこまで上値を試しに行くのか?・・・
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリー
最新記事
広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。