上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/30~8/3の損益・・・

取引なし
「参院選での自民党惨敗は円売り材料にならず、むしろ海外投機筋はクロス円の戻り売りスタンスに終始している。市場では依然としてサブプライムローン問題に絡んだ信用収縮の広がりによる影響が大きく、米株が売られたことを受けてドル円は一時118.02円まで下落した。」(7/30)
クロス円ではどれも円高・・・
サブプライムローン(信用度の低い借り手向け住宅ローン)問題を発端とした世界同時株安によりキャリー取引の解消が進みました。
日経平均は一時16652.80円になり、長期トレーダーには絶好の買いチャンスか・・・
米では金利上昇で住宅ローンの返済の不安が募る。
日本においては、金利上昇を期待した短期の定期預金が人気を集めだしている。
世界的な経済の発展が観測されていく中、こうした短期的な問題での調整がある。
日本の金利が上昇するにつれてキャリー取引の解消は徐々に進んでいくことになるのだろうということは容易にわかるのだが・・・
原油が一時78.40ドルと最高値を更新したらしい。
週末には「ダウが280ドル安で引けた影響で、クロス円は軒並み下げ幅を拡大した。
ユーロ円は一時162.55円まで切り下げた。
ポンド円も一時240.73円、豪ドル円も一時100.84円と本日安値を更新。
NZドル円も一時89.73円と大台を割り込んだ。
ドル円は一時117.97円の本日安値まで売られた。」(8/3)
週を通しての行って来い相場。
来週の日本株にも影響が・・・
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリー
最新記事
広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。