上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイムテーブル・・・

昨日の勉強
FE試験
外為市場のタイムテーブル
日本時間4~5時、ニュージーランドのウェリントン市場、1時間後にオーストラリアのシドニー市場が開きます。
世界で一番早く開くマーケットなので、各通貨のリーブオーダー(通貨・売買・レート・数量・期間などの条件を指定して注文を預けること)が集まりますが、実際には参加者が少ないため流動性が低いです。
しかし、東京を含めたアジアのマーケットにつなぐ重要な役割を担っています。
日本時間9時、東京市場にバトンタッチされ、マーケットの中心はアジア市場に移行します。
この時間になると参加者が増え、流動性も確保されるため、USDJPYを中心にアジア通貨など活発な取引が行われます。
仲値が決まる時間帯(午前9時55分)を中心に特に取引が集中します。
日本時間10時、香港市場。
日本時間11時、シンガポール市場が開きます。
特にUSDJPYの取引高はこの時間帯に集中し、流動性が高まります。
日本時間16時、ロンドン市場が開きます。
午前中は東京市場と取引が行われます。
そのため、ユーロを中心に複数の通貨の取引が活発に行われます。
東京のディーラーはポジション調整やポジションをクローズするために注視しています。
日本時間21時~22時(ロンドン時間の午後)、ニューヨーク市場が参加してきます。
また、ロンドン時間は米国の重要な経済指標が発表される時間帯でもあるため、始まってから終わるまで活発な取引が行われ、世界一の取引高を誇ります。
ニューヨーク市場の午前中はロンドン市場とも重なり活発な取引が行われます。
また、投資銀行などが活発に参加しているため、値幅が広いことが特徴で、ロンドン市場に次いで世界第2位の取引高があり、母国通貨であるドルを中心とした取引が行われます。
しかし、ロンドン市場が終わると参加者が少なくなる上、ニューヨーク時間午後5時(日本時間6時)をもって決済日が替わるので取引を控える傾向となり極端に取引高が減ります。
そして、ニューヨークから再びウェリントンへ。
外為市場は24時間、常にどこかで取引されている眠らないマーケットといわれています。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリー
最新記事
広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。